履き心地抜群! リーガルシューズ革のスニーカーが、取材のパートナーに選ばれる理由と長持ちさせるコツ



取材をする日は
丸一日歩きっぱなし。

冬は日が落ちるのが早いから、
昼食の時間も惜しんで
歩きに歩きに歩き回ります。

そんな時に大事なのは
何と言っても
『靴』

履き心地が良くて
疲れにくくて
そして清潔感があること。

私がいつも愛用しているのが
リーガルの紺色の
牛革スニーカーです。

最初に買ったのが
REGAL STANDARD

かれこれ2年
苦楽を共にしています。

あまりにも履き心地が良く
同じ物を買おうと思ったけど、
残念ながら生産が終わってしまい
後継型として薦められた
REGALスニーカー

こちらも1年経ちました。

物件取材をする時は
この2足を交互に愛用しています。
言わば大事なパートナー

そして今日も出動です。
事前にどんな道のりになるか
計画を練って行きます。
(赤い線が今日の予定ルート)

今日はお台場から有明、
東雲と巡る予定です。

りんかい線東京テレポート駅に着き
今日の道のり取材スタートです。
時刻は10時39分

お台場海浜公園を目指し
歩き始めます。

歩道橋上から見える、
首都高湾岸線のトラックの多さに
景気の上向きを期待しながら
お台場海浜公園駅に到着。

1軒目の「ザ・タワーズ台場」
取材開始です。

このブログは道のりに
フォーカスを当てているので、
マンションの周辺だけでなく、
買い物スポットなども
取材しなければなりません。

いろんな場所への
出入りが多いので、
汚い靴でウロウロする
わけにはいきません。

きちんと手入れの行き届いた
REGALのスニーカーは
清潔感あるんですよね。

現地に行ってみると、
下調べしたよりも
タワーマンションの数が
あったりすることもあります。
そんな時はわくわく感が倍増します。

途中お台場海浜公園の
砂浜に下りることになり、
スニーカーが汚れないように
配慮しながら、つま先歩き。

お台場エリアの取材を
12時までに終わらせ、有明地区へ。

一昔前までは、埋め立て地帯の
何もない倉庫街だった有明。
いつの間にかタワーマンションが
乱立している状態に驚きながら、
快調に歩いて行きます。

有明テニスの森駅周辺でも
オリンピック競技が開催されるようで
急ピッチに工事が進んでいます。

私もREGALスニーカーと共に
急ピッチに、効率良く取材をします。

さすがに疲れたので、
ローソンでコーヒーを一杯。

道路のポールに腰掛けながら、
スニーカーへありがとうの言葉。
時間は12時半。

開始から2時間
歩きっぱなしだったけど
履き慣れた靴だけあって、
靴擦れの心配はありません。

ちょっと腰の疲れを感じながら
東雲地区へ足を向けます。

東雲エリアにも
開発の波が押し寄せていて
いつの間にか10棟あまりの
タワーマンションが立ち並ぶ
街に一変しています。

東雲から最終目的地の辰巳駅まで歩き、
東雲エリアの道のり調査を開始。

地下通路から地上までの時間の測定、
赤信号の待ち時間の測定
やることは沢山あります。

それでもスニーカーは弱音を吐かず
黙々と私の足を運んでくれます。

途中辰巳桜橋の真ん中で
タワーマンション群を
見ながらたたずみます。

足腰疲れが出てくるけれど、
スニーカーは好調に
「まだ歩こうぜ」と誘ってきます。

まだまだ止まる訳にいかないと
自分に気合を入れる14時半過ぎ。

これから冬本番
だんだん日が落ちてきます。

最後の1軒の道のり取材が
終わったのは15時半。

ほとんど5時間歩きっぱなし。
お疲れ様でした。

今日もお供ありがとう!
感謝の気持ちを込めて
磨かせて頂きます。

また一緒にドットコムしましょう。

ちなみに長く靴を持たせる秘訣は2つ。
小まめに手入れをすることと、
ローテーションを組んで
きちんと靴を休ませること。

手入れは専門的なことは
いろいろとあるのでしょうけど、
私のいつもの手順はとても簡単

1 靴底や縫い目などに
入り込んだ汚れを、
小さなブラシで掻き出す。

2 全体を大きめのブラシで
軽く払い、表面の汚れを取る。

3 布に市販のMINK OILなどを着け
靴の表面を丹念に磨く。

4 ちなみに雨で濡れた日などは
帰宅時に、トイレットペーパーなどで
表面に着いた雨粒を拭っておく。

ルーティンワークにすれば
それほど苦にもなりません。

今度REGALの同じタイプの3代目を
ネットで買おうかな。
送料も返品も無料だから、
お家で試着も自由です。

“送料無料!交換・返品も無料!
リーガル公式通販サイト【シューズ・ストリート】



お問い合わせ、広告依頼はこちらをクリック